断捨離でモノを処分する時は無計画に軽い気持ちで取り組むと効果が少なくなります。

不要な物を処分する時は優先順位など計画性を持って行う

断捨離するにあたって、まず始めるのは不要のモノを処分する事です。
この始めの一歩が非常に難しく、実行に移せなかったり、しっかりとした断捨離を行えないケースが多いです。断捨離を行う前に断捨離すべき物を把握して計画的に行うようにしましょう。

 

 

優先して断捨離すべきモノ

 

衣服

断捨離の定番となるのが衣服です。
季節ごとに流行などを意識した新しい衣服を買い揃える人は不要な衣服も多くなります。
衣服の整理や処分をするにあたっては、思い切った基準を儲ける事をオススメします。

 

具体的な基準として挙げられるのが、
「過去1年以内に着なかった衣服は全て処分する」

 

多くの人が直近1年以内に一度も着なかった衣服を持っています。「過去1年以内に着なくても今後着る可能性があるかもしれない。」と思い処分できない人も多いですが、思い切って処分するとよいでしょう。過去1年間着なかった衣服は無くても困らない衣服がほとんどです。

 

衣服

 

学生時代に着ていた制服やジャージなども処分する事をオススメします。
「思い出の品だから。」とか「ジャージは寝巻きとしての活用方法もあるから。」などと思う人もいると思いますが、思い出は写真に残っていれば充分です。

 

 

なにかの余興や出し物で制服を使うかもしれないと思う人もいると思いますが、そういった場合は周りの人から借りれば済む話ですし、実際に活用する機会はそうそうありません。
ジャージなどは現在進行形で寝巻きなどで活用していないものであれば、この先も活用する機会はほとんどないものです。

 

愛着があるモノでも、1年以内に着ていないものは思い切って処分するようにしましょう。

 

冠婚葬祭に着る礼服やドレスなどは過去1年以内に着ていなくても保管しておく必要がある一部の例外はありますが、こういった例外を都合の良い方に捉えすぎないのがポイントです。

 

 

 

インテリア

インテリアも思い切って必要なモノを除いて処分してしまうと、より効果の高い断捨離ができます。目に見える所にあるモノを思い切って処分してしまう事で部屋は広くなり開放的で居心地の良い空間に変わる事もあります。

 

断捨離を行うために機能性の高い新しい収納グッズを購入する人もいますが、それは整理整頓などの効果は高いですが断捨離としての効果は薄れる可能性が高いです。

 

100円均一で売っているような小物程度でしたら良いのですが、断捨離の基本は、物を増やさずに処分する事です。

 

 

 

押入れの中の物

一番断捨離しやすいジャンルです。昔使っていた携帯電話や、型落ちで使う機会が減ったデジカメや家電などはお金に変えられる可能性もあります。

 

押入れで保管しているような物は、ほとんどが不要な物だと思って積極的に処分するようにしましょう。趣味関係のモノも、現在進行形で活動していないモノは、思い切った処分を検討する事も必要です。

 

しまえる場所があるから取っておくのではなく、押入れにしまっているからこそ処分するという考えを持つようにしましょう。