断捨離をされた家は、訪れた客人から良い印象を持ってもらえます。

客人から好感を呼ぶ家の基本は「シンプルイズベスト」

お洒落のために部屋のインテリアを買う。
家の利便性を向上させるためにモノを買う。

 

こういった事は正しく行えれば相応の効果がありますが、モノが増える事によって逆効果を生んでしまうリスクがあります。

 

自分が生活する家というのは、客人などが来た時には良い家だなと好感を持ってもらいたいものです。家のインテリアや家具や荷物の置き方というのは好みもありますので、家を見る全ての人から賛同される家を作るのは難しいです。
そんな中、より多くの人から好感を持ってもらえるような家の条件があります。

 

より多くの人が好感を持つ家の条件は

  • 清潔感がある
  • 広い
  • 余計な物がない
  • 生活感がありすぎない
  • 整理整頓されている

などの条件が挙げられます。

 

この条件を当てはめていくと「シンプルイズベスト」という答えが導かれます。

 

 

そして、その答えへの一番の近道が断捨離と言えるでしょう。

断捨離を行えば

  • 余計な物がない
  • 荷物が減るので部屋が広く見える。
  • モノが少ないと清潔感が出る
  • 整理整頓が容易になる
  • 生活感が少ない家になる

といった効果を期待できます。

 

 

断捨離をしている人の家を見て

 

「こんなに荷物が少なくて平気なの?」
「ちゃんとした生活をしてるの?」
「不便じゃないの?」

 

と思う人は少数派で、多くの人は、

 

「綺麗にしている」
「几帳面な性格」
「清潔感がある」
「実際の間取り以上に広く見える」

 

といった良い印象を抱きます。

 

 

例え同じ趣味を持っている人でも荷物が溢れかえっている部屋は好感を持ちません。

 

整頓

 

洋服が好きで、部屋中にしまいきれない洋服が出ている家と、目に付く所に洋服はなくタンスや押入れを開けると厳選されたセンスの良い洋服が数枚出てくる家とだったら、家を訪れた洋服好きの人でも後者の方が好感を持つことが多いです。

 

 

部屋を良く見せるために、趣味や個性を活かした部屋にしたり、インテリアを増やす人が多いですが例え共通の趣味やセンスを持っている人でも荷物が多い家は悪い印象を持つことが多いという事を認識して思い切って断捨離をしてシンプルで荷物が少ない家に変えるとより客人からは好印象を抱いてもらえる可能性が高まるでしょう。